自販機メーカーの飲み物事情【空き地やオフィスに自販機を設置】

コーヒー

確認してから決める

コーヒー

自販機購入時の初期費用と、委託システムによる諸費用の違いについて

毎日当たり前に目にする自販機ですが、販売されている商品はバラエティーに富んだもの物から一般的な物まで様々ですが、1番よく見掛けるのがジュースなどの飲料水の自販機です。ジュースの販売には、特別な許可が必要ないので、設置場所と電気配線の設備さえ整っていれば配置可能です。この自販機の一般的価格は、中古品だと25万円程度からで、新品になると50万円程度になります。初期費用をかけず自販機設置を行う場合は、業者からの委託によるシステムを利用すれば、電気代だけの自己負担で設置出来ます。電気代は季節や地域により異なりますが、5000円前後なので売り上げの少ない時期でも赤字になる事はありません。業者に問い合わせれば詳しい金額を教えてくれます。

設置条件とそれによるメリットについて

会社や自宅のデットスペースの有効活用の方法として、自販機設置があります。配置する為には、空きスペースに電気配線を整えるだけの簡単な条件です。設置のメリットとしては、24時間購入可能で夜間の照明点灯による防犯対策の一環、会社への設置による従業員の福利厚生の充実などがあります。一方自販機周りの汚れなどの懸念もありますが、企業が清掃活動や美化に努めているので、その点も心配はありません。また電気代の自己負担の必要がありますが、商品の売り上げの一部をマージンとして受け取るので、電気代でマイナスが出る事はありません。この様な条件面を踏まえたうえで、空きスペースやデットスペースの有効活用に活かしてみて下さい。